芝刈り機 | 芝生の道具 | Web屋の芝生DIY

芝生やDIY等のライフハックやWeb制作情報を発信するメディア

メニューを開く

芝刈り機

芝は定期的に刈り取りを行わないと、雑草の増殖を招いたり、芝生が剥げてしまったりします。芝刈りを行う事で長さが揃い美しくなるのはもちろんの事、自然とより密集して生い茂るようになりますので、ぜひ定期的に芝刈りを行うことをお勧めします。手動か電動か、ロータリー式やリール式かなど様々なタイプの芝刈り機がありますが、手で刈るよりも芝生の管理がとても楽になります。

芝刈り機の構造上、芝の際の部分を刈ることができないため、芝刈り用のはさみかバリカンも用意しておくとよいです。両方あればよりきめ細かな際刈りができるでしょう。

手動式と電動式

芝刈り機は手動式と電動式の2種類があります。敷地面積や理ばかりの頻度にもよりますが、芝刈りは非常に体力を使い、特に夏場などは特に暑い中行うことになるため、良く考えてご自分に合った芝刈り機を購入してください。

手動式
メリット
  • 音が静かなので、騒音が気にならない
  • 電気代がかからない
デメリット
  • 敷地が広い場合、労力がかかる
電動式
メリット
  • 手動式に比べ労力がかからない
デメリット
  • 近隣環境によっては、騒音が気になる
  • 電気代がかかる

価格に関してはそここのクオリティを求めると、手動も電動もそこまで変わりません。私に庭は11平米とそこまで広くないので、手動式の芝刈り機を使用しています。

ロータリー式とリール式

芝刈り機の刈り刃には、ロータリー式とリール式という2種類があります。
リール式はドラム状の刃が縦に回転して芝を刈り、ハサミで切ったようなきれいな刈り口となります。
ロータリー式は円盤状の刃が横方向に回転して芝を刈るため、芝の葉への当たりかたにムラができます。そのため、見た目の仕上がりにこだわるのであれば一般的にリール式のほうが美しく仕上がります。

ロータリー式
メリット
  • 雑草も同時に刈込可能
  • 長い芝も刈り込み可能
  • 壁や障害物の際など、細部まで刈込可能
  • 替え刃が安い上メンテナンス(交換)も楽
デメリット
  • 短めの刈込はしにくい
  • 仕上がりはリール式に劣る
  • 多少騒音が気になる
  • 芝にダメージを与えやすい
リール式
メリット
  • 仕上がりはロータリー式に比べ美しい
  • 作業音が小さい
  • 芝へのダメージは少ない
  • 短い刈り込みが可能
デメリット
  • 雑草が混入していると能率が悪くなる
  • 長い芝が刈り込みできない
  • 壁や障害物の際など、細部は刈り込みできない
  • 替え刃が高い上、メンテナンス(交換)が大変

仕上がりの美しさや芝生へのダメージを考えるとリール式がよいのは間違いありません。反面、芝刈り機そのもののメンテナンスもロータリー式以上に必要になってくるため、面倒な方はロータリー式を選択するのもよいでしょう。
メンテナンスが面倒であればロータリー式、多少手間をかけてでも美しい芝生を追求したい、という方はリール式を選択されるのがよいでしょう。

使用場面

  • 芝刈り時

芝生のブログ記事を見る

ページの先頭に戻る