Dreamweaverのコードビューのカラーリングを初期リセットする手順をご紹介 | Web | マイホームブログ | Web屋の芝生DIY

芝生やDIY等のライフハックやWeb制作情報を発信するメディア

メニューを開く

Dreamweaverのコードビューのカラーリングを初期リセットする手順をご紹介

Web2016年12月13日

先日Adobe製品のソフトを全てcs5.5からcs6にアップグレードしたのですが、Dreamweaverのコードビューのカラーリングがおかしなことになってしまいました。

このままだと作業に支障が生じるため、一度デフォルト設定に戻すことにしました。手順についてまとめましたのでご紹介したいと思います。

cs5.5の時のコードビュー

エンジニアっぽい黒い画面にカスタマイズしてコーディング作業を行っていました。

cs6へのアップグレード後

カラー設定の仕様がcs5.5と異なるためか、以下のようにほとんどのコードが見えなくなってしまいました。

デフォルト設定に戻す手順

とりあえずこのままではどうしようもないので、一度リセットすることに。
以下の手順でデフォルト設定に戻すことができます。

  1. Colors.xmlを削除
  2. コードカラーリングのデフォルト背景を「#ffffff」に
  3. カラーリングがデフォルトになったことを確認

①Colors.xmlを削除

Dreamweaver cs6のコードカラーリングの設定ファイル(Colors.xml)を削除します。
環境によって格納場所は変わると思いますが、Adobe製品がインストールされているフォルダを辿って[Colors.xml]が格納されている階層まで移動します。

ファイル格納場所の例

C:Program FilesAdobeDreamweaver CS6ja_JPConfigurationCodeColoringColors.xml

Colors.xmlを見つけたら、削除します。

②コードカラーリングのデフォルト背景を「#ffffff」に

Dreamweaverを起動し、メニューの[編集]-[環境設定]をクリックします。

表示されたウインドウで、[コードカラーリング]をクリックします。

[デフォルトの背景]、[ライブコードの背景]、[読み取り専用の背景]の3つ全てに[#ffffff]と記述し、[OK]をクリックします。

③カラーリングがデフォルトになったことを確認

htmlやcssを開くと、見慣れたデフォルト時のカラーリングでコードビューが表示されます。

まとめ

本当に久しぶりにDreamweaverのデフォルトのカラーリングを拝見しましたが、これまでずっと黒い画面でやってきたためか、背景が真っ白なのはとても眩しく感じます(笑)

基本的にここ最近のWebサイトのコーディングはSublime Text3を使用していますが、やはり案件によってはDreamweaverも必要になるケースがあり、まだまだ手放せません。

そのうちまたDreamweaverのcs6も黒い画面にカスタマイズしてみようと思います。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

「Web」の他の記事を読む

この記事にコメントする

必須
必須
本文必須

  • 承認制のため、即時には反映されません。

ページの先頭に戻る